はりきり院長夫人の経営改善クリニック

 笹川院長の開業に伴いある日を境に経営者に!!   経営のイロハはもとより医療業界の知識ゼロからの出発。持ち前のガッツとバイタリティーを小脇に抱え、 あちこちぶつかりながら悪戦苦闘の日々。まわりの方々に教えを請いながら取得した医業経営コンサルタントの肩書き。  院長婦人からイメージされる優雅な世間の予想と反し、実は受付業務やスタッフの管理、挙句の果ては掃除に草取り・・。  そんな日々のドタバタ業務をコンサル視点から綴って見ました。

2015年09月

 はりきり院長夫人笹川正子です高齢者の4人に1人は認知症または認知症予備軍と言われている現在10年後の2025年には、認知症患者が700万人(約5人に1人)まで増加すると言われています実際来院患者さんの中にも認知症が認められる方も多いですクリニック待合室で超高齢社会 ...

はりきり院長夫人笹川正子ですビックデータというと、グーグルやアマゾンのような巨大な企業がやっていることを考えます数日前の日経新聞によると富士通はスーパーコンピューター「京」の技術を使い、ビックデータ解析による商品の売上や来客数などの予想の誤差を半分程度に ...

はりきり院長夫人笹川正子ですクリニック開業を決めたら必ずすることそれは開業場所選び私の経験から申しますとやはり1に場所 2に場所 3に場所!ここを間違えると大変なことになりますたまたま紹介されたから・・なんて甘く考えていると後々とてつもない苦労をしますまず ...

はりきり院長夫人笹川正子です今日はクリニックにおけるバリアフリーについて考えてみますそもそもバリアフリー法は1994年に成立した「ハートビル法」と2000年に成立した「交通バリアフリー法」二つの法律を一本化したものです建物の中と移動手段である交通機関で高齢者や障 ...

このページのトップヘ